腰痛とお腹太りはセット

スッキリくびれたウエストは女性の憧れですよね。

しかし、ある年代以降になるとお腹周りにたっぷり肉がついてくびれがなくなってしまうというケースがとても多いです。

お腹太りと腰痛の原因は同じところにある

根本的な原因は股関節のズレが多いです。

骨盤が開いたり傾いたりすることで背骨がつまり、結果姿勢が悪くなる。

そうなると猫背になる方が多く、上半身の重みをバランスよく下半身で受け止めることができなくなり、要である腰に余分な負担がかかってしまい腰痛につながります。

腰に必要以上の負担がかかると、それに耐えようとしてお腹周りにベルト状の硬い肉がつきます。

いかがですか。両者がセットであること、わかっていただけたでしょうか?

腰に痛みがあると、椅子に座る際にお尻をずるりと前に滑らせた「ずっこけ座り」になることが多く、この座り姿勢も股関節のずれ、内臓下垂、骨盤の歪みを加速させます。

腰痛やお腹太りにもそれぞれ原因がありますが、腹筋だけやってもなかなかお腹周りが痩せない方は一度自分自身の姿勢や骨盤をチェックしてもらった方がいいかもしれませんね。

食事だけではなく、姿勢にも気をつけ健康な体・理想の体型を目指していきましょう!

Share on facebook
Share on twitter
カテゴリ
カテゴリー
最新の記事